USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)を攻略 2017年

USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)を攻略してみよう!



USJ 攻略

ユニバーサルスタジオジャパンは西日本最大規模のエンターテイメント施設です。

それだけに多くの人たちがおとずれ、特に休日や学校の休み期間ともなると、人気のアトラクションは入場待ちの長蛇の列になるのは当たり前。

そんなときも、混む傾向をしり、穴場の時間帯をこのサイトで勉強していきましょう!



  • 昼食・夕食の時間帯は所億時ではなくアトラクションへ

  • 開園と同時にパークに入場

  • 大型ショーの直後は近辺のアトラクションに入場しない

  • 混みやすいライドは昼間のピーク時を避ける

  • 狙いたいアトラクションを決めてからEパス購入を考える



これだけのことを抑えるだけでも、かなりの時間短縮が可能ですが

もっともっと効率よく、楽しくUSJで遊びましょう!




USJ 攻略 アトラクション


USJで混むのはこんなアトラクション



定期開催のショーやパレードを除く、20のアトラクションの混み具合をグループ分けすると

バックドラフトや、セサミのビッグドライブなどは待ち時間が少なく、ライド系の人気アトラクションは、行楽日和の休日などでは、2時間待ちになることが普通です。


スケジュールを組むときの考察



usj 混雑予想

入場直後に混雑しやすいライドに並び、パークの入場者そのものが増える正午前からしばらくは、混雑をそれほど気にせずに入場できるショー系のアトラクションを攻略します。

夕方頃からは、混雑しやすいライドが少しずつ空いてくるので、そこを狙うのが基本です。

食事タイムも人より早めにとり、できればショップでの買い物も帰り際ではなく早めに済ますのがお勧めです!

また、Eパスを利用するなら、Eパスを使えないアトラクションを何時頃に攻略すれば無駄がないかを先ず考えて、ショー系のアトラクションの時間を調べて組み合わせます。

最後にEパスを使えるアトラクションを合間に入れ込んでいく!というスケジュールが

効率よくUSJを回る王道パターンになるんです。



混み具合の傾向と対策



usj 混雑予想

どのアトラクションも、開園直後が一番空いていて、昼過ぎに混雑がピークになります。

日暮れとともに少しずつ、混雑が解消されてきて・・・という傾向にあります。

アトラクションごとに混み具合が違うので、それぞれの混雑の特徴を知っておけば対策を立てやすいですよ^^

とくに攻略が効果的なのは、ライド系のアトラクションです。

混雑日のピーク時に並んでしまうと、1~2時間待ちということもしばしばです。

しかし、そんな日でも空いているタイミングなら30分、ときには20分ぐらいの待ち時間でライドでき、無駄な時間を省くことが可能です。